「どうせ無理」と言われた時に見るべき動画

「どうせ君には無理」と言われた時に見て下さいね。
高額の自己啓発セミナーに行くよりはるかにやる気がわいてきます。
思うは招く
だったらこうしてみれば?
で、夢はかなう
植松 努株式会社 植松電気

「気分のいい状態」をキープするように自分の感覚を大切に!

あけましておめでとう!
ってもう7日ですが、、、
今年初めてのブログですが、
というより一年ぶりぐらいに更新します。
今年はもう少し頻繁に記事をアップして行こうと思っています。
それでは、箱根駅伝の応援中に撮影した
富士山の写真をアップします。

箱根駅伝には毎年行っているのですが、
あまりにも綺麗だったので初めて写真を取りました。
やっぱり富士山は日本一の山だと感じました
不思議な力があるようで、
富士山のそばに行くとスッキリとした気分になります。
きっと良い波動が出てるんでしょうね。
「場所」や「人」にも良い波動とそうでない波動があるはずなので、
今年は、この「気分のいい状態」をキープするように
自分の感覚を大切にします。
気分のいい時は、正しい答えや閃きが起こるので
メンタルブロックもどこかえ行ってしまうでしょう!

スティーブ・ジョブスの伝説のスピーチ

ぜひ見ていただきたいものがあります。
それは、 アップルの創業者スティーブ・ジョブスの伝説のスピーチです。

目標達成したいなら、成功法則を学んではいけない!

「成功法則オタクは、成功法則を学ぶのに忙しく、実践する暇がない。」

日本一のマーケッターである神田昌典さんの言葉です。

僕も思い当たる節がありますが、大概の人は、 まずは本で学んだりセミナーに参加したりします。

その時にはモチベーションがあがっているので 「これはすごい!」と盛り上がるわけですが、 数日たつとそのモチベーションがどこかに行ってしまいます。

そうすると、 「いや、もっといい方法があるのではないか?」

と言って次の方法に手を出す。 そしてしばらくするとまた次の方法を試す。

この繰り返し。

結局学ぶばかりで、実践が伴わないわけで、 その方法が自分に合っているのか、正しい方法なのかがわからないまま ノウハウコレクターとなってしまうのです。

よく、「知っていることと、できることとは違う」と言われます。

つまり知識ばかり増えるが、やってみるとできないわけです。

松下幸之助さんの著書にこんな言葉が書かれていました。

・知識とは、教えてもらえるもの。

・知恵とは、自分で会得するもの。

知識を得たならそれを実行することで、知恵となるわけです。

成功したことだけでなく、失敗したこともすべて経験することで 自分の知恵となります。

成功法則は、本屋に行けばいくらでも手に入れることができます。

しかし、それを読んだ人の中で実際に行動する人はほんの僅か。

自己啓発セミナーに行っても同じで、行動して成功する人は、 参加者の3%もいないとさえいわれています。

知識を教えてもらって満足してしまい、できるような気になってしまっている。

実際に行動して、自分で会得するまでやり切っていないわけです。

悲しいかな、人は直線的に進みたがりますが、

どうしても直線的に無駄が無いように進みたくなるわけです。

今までを思い出してみてほしいのですが、 ストレートにうまくいったことはないはずです。

あっちにぶつかりこっちにぶつかりながら気が付いたらできていた。

といった感覚のもののほうが多かったはずです。

大事なことは、成功法則を学ぶのはほどほどにして 目の前にあることを一生懸命にやること。

実践して、知識を知恵に変えていくことこそが 目標達成への一番の近道ではないでしょうか。

夢がなくてもOKです!

朝のジョギングも続いています。
ジョギングした日は、手帳にJと書いてるんですが、 このJがカレンダーに並んでくると、 不思議に「今日もジョギングやらなきゃ」と思います。
チョッとしたことですが、 自分のやったことを目に見えるようにしておくと効果大のようです。
ところで、 あなたは、夢がありますか?

このページの先頭へ